有限会社まるは茶業

まるは茶業グループ DX推進に関して

代表の萩村です。
DX推進基本ビジョン2022から約2年を迎えるにあたりDXに関する考えを整理しました。
詳細はDX推進基本ビジョン2024(仮称)で発表することになりますので、大枠で記載しています。

◆私達が考えるDXとは?
 → デジタル技術の導入によるビジネスモデルの抜本的変革

◆DX推進で得られるもの
 1.競争力の向上
  → 市場での競争力を維持し、競合と差別化するための手段になる

 2.効率化とコスト削減
  → デジタル化や自動化は業務プロセスの効率を向上させ、人的ミスを減らしコスト削減につながる

 3.顧客満足度の向上
  → 利便性やパーソナライズされた体験

 4.新たなビジネスモデルの創出
  → 収益の多様化

 5.データに基づく意思決定
  →データドリブン経営

◆まるは茶業DXの流れ
 1.デジタイゼーション
  → アナログからデジタルへの移行。手作業の自動化・ペーパーレス化。主に作業工程

 2.デジタライゼーション
  → デジタル化されたデータを使用して、作業の進め方やビジネスモデルを変革する

 3.デジタルトランスフォーメーション
  → デジタル化により、組織(経営)や人そのものを変革する

◆今後、まるは茶業グループが目指す先
 経験・勘だけに頼らないデータドリブン経営の先、AIを活用したAIドリブン経営を目指す

◆KPIに関して
 DX推進基本ビジョン2024(仮称)発表の際に振り返りますが、ECサイトに関しては2024年度にオープン予定です。